支援物資のマッチング

支援物資のマッチング

 ①支援物資の需要は刻々変わっている。当然のことだが、足りている物資とそうでない物資がある。
   当初の食料品等から生活用品へと変化している。

 ② 自治体の支援物資は受け入れを停止しているところが多い。しかし、反面行きとどかない部分もある。
    震災の情報サイトが役に立つ。

 ③ 提供する側でも、支援先の自治体が受け入れを停止しているために行き場を失っている支援物資がありそう。

 ④ 支援物資を送るときには、必ず送り先と調整したほうがいい。  
 
 石巻のNPO法人が求めている必要物品;

 ・2歳~5歳児用の上下つながった服(洗濯・クリーニング済で着用可のもの)
 ・部屋着(上下。洗濯・クリーニング済で着用可のもの)
 ・リュックサック
  (中高生の通学用、大人が買い出しに使うために使います。きれいなものを)
 ・文房具(消耗品なので新品でお願いします)
  ボールペン(赤、3色・4色ボールペン)、ノート、クリアファイル、ルーズ
  リーフ、シャープペン、消しゴム、筆箱等

   お届け先:〒 981-3600 宮城県黒川郡大和町吉岡字糸繰5-5
      宛名:NPO法人いしのまきNPOセンター 木伏良明 様
  連絡先:022-345-4119
   メール:mo9mo9life@yahoo.co.jp

  高校生への支援物品は、石巻北高校(壊滅した石巻水産高校もこちらの高校で授業
   開始となります)へ運ばれ、子どもたちへ配られます。
  生活用品は、石巻市内の避難所ではなく集合住宅で孤立生活を送られている方々へ届 けられます。

 上記の木伏さんからのメール
 
提供先:定期的に避難所一か所、高校一か所、支援物資配布所一か所、そのほかに、指定以外の孤立避難所       が発見された場合(これまでマンション2箇所など)、個人も含めて個別避難者に手渡ししてまいりまし        た。
 
 支援物資の内容:生活用品、子供用品、高校生用文具へと代わって、支援物資をいただいております。(中略)

 受け付ける量:個人の乗用車一台で一回段ボール8~10個程度の配送が可能ですが、「2,3日に一回程度の搬          送」が無理のない状態かと思っております。
 対高校生支援:個人様の少量小口のご支援をいただきながら、必要な支援物資の提供を行って参りたいと思って           おりますので、今後ともよろしくお願いいたします。(中略)





 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック